魚沼コシヒカリ発祥の地
南魚沼宇津野地区より
お届けします。

NEWS

魚沼コシヒカリ発祥の地といわれる南魚沼の宇津野地区。

今では「日本一の米どころ」と言われる新潟県魚沼地方ですが、その昔は自分たちが食べる米さえ収穫できない、貧しい村だったと言います。

田んぼは痩せて、石がゴロゴロ。秋には稲が枯れてしまうことも多く、米作りには不向きと言われていました。
味よりも収量が重視された時代。味は抜群に良いが、いもち病に弱く、倒伏しやすいことで脚光を浴びることがなかった越南17号(後のコシヒカリ)の開発が1954年に宇津野新田で行われ、魚沼産コシヒカリが生まれました。
その後、約60年。収量よりも味を重視し、品質向上を常に心がけ続けたこと。
それが今の魚沼産コシヒカリの地位を築き上げたことは間違いありません。

うちやま農園は美味しく安心安全なお米を全国の人々に届けるため、これからも様々なこだわりを持ってお米の栽培を行っています。

 

ABOUT

農園案内

株式会社 うちやま農園

所在地
新潟県南魚沼市宇津野新田486-1
TEL
025-780-5040
Email
uonuma.furusato.farm@gmail.com
株式会社 うちやま農園
INFORMATION

新着情報