コメ作りの始まり「塩水選」

おはようございます、うちやま農園です🌾🍄

ここ2日間は、久しぶりの気温がグッと低下、、、
周辺の地域には季節外れの雪が降ったとか😓
午後から天気も良くなってくるみたいですが、
気温はあまり上がらないらしいです😂

さて!今日は「塩水選」についてご紹介🌾
詳しくない方にも、なんとなくイメージが沸きやすいように
わかりやすくお伝えしていきますね♪

うちやま農園にとって、
コメ作りのとても重要な工程の1つとなる「塩水選」
最近は、塩水選を省く農家さんも周辺では多く見られていますが
当園はこの作業を欠かさず行います。

じゃあ塩水選って??

ということを疑問に感じると思います🤔

簡単に言ってしまうと、
塩水による、良質な種籾と悪い種籾を選別する作業のこと!

もう少し細かく話をすると、、、

大量の塩水でいっぱいのバケツにつけることで、
身がぎっしり詰まった種籾は底に沈み、
軽い種籾や病気にかかっている種籾は浮き上がりやすい傾向に。

この浮き上がってきた種籾を取り除き、良質な種籾を選んでいきます。
この作業を繰り返し行うことで、精鋭揃いに😊

まるでオリンピック選手のように、強者が残るわけなんですね~☺

じゃあ、なんで水じゃなくて、塩水なの??
ということですが。。。

海に行くと、体が浮きやすいように、
水よりも塩水の方が、比重が重くなります。

もちろん、水だけでも、ある程度良い種籾を選別することは可能ですが、
塩水で比重が重くなっているにも関わらず、
それでも沈んでいる種籾は、より中身が詰まった種籾という仕組みです🙆

ちなみに、取り除かれた種籾も決して無駄にはせず、
当園が飼っている鶏のエサへ🐓

なんとなく、イメージ沸きましたかね。。。??

写真も撮影したのでぜひご覧下さい📸✨

かごに大量の種籾を入れていきます。

塩水につけて、選別中。。。

塩水選の作業が終了すると、、、
種籾を一斉に発芽させるために、必要な水分を吸収させる「浸種」を行います🙌

これで、一段落となります!

いかがでしたか??
なるべく詳しくない方にも、わかりやすく解説したつもりでしたが、
なんとなくイメージついてくれたら嬉しいです😊

長くなってしまいましたが、
最後までご覧いただき、ありがとうございました!