うちやま農園について

私たちがお米を作る新潟県南魚沼市宇津野新田は、魚沼コシヒカリ発祥の地と言われています。

今では「日本一の米どころ」と言われる新潟県魚沼地方ですが、
その昔は自分たちが食べる米さえ収穫できない、貧しい村だったと言います。
そんな魚沼を救ったのは杉谷文之さんという農業技術者と、小林正利さんという若い農家でした。

味よりも収量が重視された時代。
味は抜群に良いが、いもち病に弱く、倒伏しやすいことで
脚光を浴びることがなかった越南17号(後のコシヒカリ)の開発を行い、魚沼を一大産地へと引き上げてくれました。

しかし、現在の魚沼産コシヒカリは、病気に弱い従来のコシヒカリを品種改良された「コシヒカリBL型」が多くを占め、
従来品種コシヒカリは大変希少です。
食味はほぼ同一という見解が示されていますが、従来品種のほうが甘み・旨みが強いと感じる人も少なくありません。

戦後の影響で杉谷文之さんの部下は若い技術者ばかりでした。
「この貧しい村を救うにはこの米しかない」と立ち上がった小林正利さんは当時25歳。
私も20代で家業を継ぎ、専業農家となった今。
まだまだ未熟かもしれませんが、この土地の米を守りたいと思いました。
そして今だからこそ、この地で昔ながらの従来品種コシヒカリを育て、皆さんにお届けしたいと思いました。

農薬は1回のみ、病害を防ぐための作業は手作業でBL型よりも手間隙がかかるため数量限定です。
お早めにご注文ください。

農園概要

農園名 株式会社うちやま農園
所在地 〒949-7142 新潟県南魚沼市宇津野新田486-1
代表者 内山 幸一
TEL 025-780-5040
Email uonuma.furusato.farm@gmail.com